レーシックに適さない方

《スポンサードリンク》
目に疾患をお持ちの方やレーシックに適さない内科的疾患がある方はレーシックを受けられません。
妊娠中の方や未成年の方は、一般的に時期を過ぎればレーシックを受ける事ができますが、
自分が該当しているかどうかチェックしてみましょう。


年齢的に適さない

未成年の方

未成年の方は、まだ成長段階であるため視力が不安定です。そのため、レーシックを受けたとしても視力がすぐに低下する可能性があります。
※医師と相談した上、保護者の承諾があれば手術を受けられる場合があります。

高齢者の方

高齢による老眼の場合、レーシックでは視力回復できません。また、加齢による白内障を起こしている場合も、レーシックを受けられない可能性があります。
※検査を受けて問題がなければ、手術を受けることができます。

職業的に適さない

目を負傷する可能性のある職業(格闘家など)の方や、術後の一時的な症状などが職務の妨げとなる職業
(パイロット・運転手など)の方は、レーシックを受けられません。

※ 運転やボクシングなどを趣味としている方も、必ず医師にご相談下さい。

疾病により適さない


眼の疾患(白内障・緑内障・網膜はく離・結膜炎など)の方

手術への大きなリスクが伴うため、レーシックを受けることができません。

内科的疾患(糖尿病・肝炎・膠原病など)の方

疾病の影響で角膜の再生・治癒が遅いため、レーシックを受けることができません

そのほか

妊娠中・授乳中の方
角膜異常の方(円錐角膜・角膜の薄い方)
角膜内皮細胞の減少している方(長年コンタクトレンズを使い続けた方に多くみられる)



       




《スポンサードリンク》

 

レーシック 手術を受ける判断条件

《スポンサードリンク》
レーシックの手術は、視力回復・矯正に関して大変効果のある方法の一つですが、残念ながら、だれでもその手術を受けることが出来るというわけではありません。

どのような人がレーシックの手術を受けることができるか、書いてみました。

おおむね20歳以上の人
20歳未満で成長過程にある人は視力も変化しやすので、一般的には視力が安定している人が手術の対象となります。

ただし仕事上などでどうしてもレーシックを受けたい、という場合は担当医と相談の上、手術可能ということもあります。

健康な人
眼に病気がある人や、内臓疾患がある人は、そのままでは手術を受けることができないことがあります。その場合手術が可能かどうかは、あらかじめ担当医と相談する必要があります。

また健康であっても、妊婦や授乳婦の人の場合は手術を受けることができません。

手術を受けても、普段の生活や仕事上などに支障がない人
通常のレーシックやイントラレーシックはフラップを作成します。このフラップは、眼に強い衝撃を受けるとずれる可能性がありますので、格闘家やパイロットなど、一部の職業に就いている人には、このタイプのレーシックは向いていません。

ただし通常の日常生活で、フラップがずれることはまずありません。

レーシックの適応検査で問題がない人レーシックを受ける前には必ず適応検査を受けるますが、その際に角膜の厚さや形状などに問題が発見された場合、手術を受けることができません。

適応検査で不適になった場合でも、別のクリックや別のレーシックの種類によっては手術を受けることが出来る場合もあります。

術後のケアを適切に行える人
レーシックの手術を受けた後は、定期的に目薬をさしたり、薬を飲んだり、あるいは眼に触れないようにしなければなりません。これらがけっこう面倒なのですが、これらのケアを怠ると感染症などの原因になることもあります。また、術後も定期的に検査を受ける必要があります

以上の事を充分考慮する必要があります。


    

       

《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。