メタボリック対策 医療保険

《スポンサードリンク》
負担金は高齢者医療を支えるために負担するもので、
これが増額されれば健康保険組合の財政も苦しくなり、
結果として保険料をアップさせることが必要になってきます。

備えあれば憂いなし、とは言いますが、保険はひとつの備えと
して、まずは病気の予防に努めることに労力を使ったほうが
いいかもしれませんね。

後期高齢者医療制度、メタボリック検診義務化、などなど、
テレビをつければ老人が怒っている場面が映し出されたりして、
どうも国民に理解されないまま始まってしまった制度であるような
気がしてなりません。

解約時の払い戻し金をゼロとしたことで、手頃な保険料が実現した、
とのことです。腹囲が男性で85cm、女性で90cm以上あって、
血圧が最高血圧130mmHg、最低血圧85mmHgそれ以上の値だと
メタボの宣告を受けてしまう可能性が高くなります。

バナナはヨーグルトに加えて食べることで、
不足しがちなカルシウムも補えます。

長く健康でいられるために、そして医療費や保険料負担を抑える
ためにも、積極的にメタボ対策に取り組んで体質を改善して
ほしいものです。

民間の保険会社では、加入前に健康状態を告知したり、
医師の診断を義務付けています。健康保険や国民保保険では
原則的に健康状態によって保険料が割り増しになるとか、
加入を断るということはありませんでした。

生活習慣病保険は通常の入院時の限度日数と、
生活習慣病での入院時の限度日数を分けて設定してあります。
入院保障について、すべての入院時に長期保障をつけると保険料が
ぐんと高くなってしまいます。現在のニーズに合った医療保険が
多数あることは安心なことですが、気になるのは保険料です。





《スポンサードリンク》

 

メタボリック対策 運動 階段を利用しよう

《スポンサードリンク》
エスカレーターではなく、階段を使っていますか? これは、毎日実践できる運動のひとつです。

<階段を使用する効果>
1)筋力・筋持久力の回復・増強(増大)
2)基礎代謝の低下予防(→太りにくいからだ)
3)関節可動域の拡大(股、膝、足首)
4)中性脂肪値や血糖値の安定化
5)若さの自覚


 疲れ切った顔でエスカレーターにぐったり身を寄せている同年代の他人と比べて、自分は元気よく階段を上っているという自覚・自信が、仕事への意欲・元気に生き抜く活力にもつながってくるのです。



 初めから無理をすると続きませんから、次のように増やしてみてはいかがでしょう。3ヵ月もすれば、階段のぼりも楽になってきますよ。



1)開始初期は体調のよい週明け早々に階段を利用し、週末は従来通りエスカレーターを利用
2)2ヵ月目からは月、火、水、木など週に3〜4回は実践(実行)
3)3ヵ月目あたりから毎日



《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。