抜け毛予防

《スポンサードリンク》
ブラッシング

育毛におけるブラッシングの役目は、ヘアスタイルを整えることではありません。

もちろんブラッシングの本来の役割は髪を整えることにありますが、抜け毛対策のブラッシングとしては、そのマッサージ効果にあります。但し力を入れすぎず行うこ、また頭皮に直にブラシを当ててしつこく引きずる事は頭皮に傷付けてしまうためしないようにしましょう。

抜け毛対策の頭皮マッサージ

頭皮マッサージは育毛を考える上で習慣にしたい行動の一つです。

頭皮マッサージの期待できる効果としては、血行促進にあります。血行促進がなぜ抜け毛対策になるのかといえば、髪の成長に必要な栄養を運ぶのは頭皮の下に張り巡らされている毛細血管中の血液に他ならないからです。血行促進は、この栄養のめぐりを良くすることだと言えます。

入浴時などのリラックスした時に、両手を使い側頭部の皮膚を指の腹で押し上げ、頭頂部の皮膚を緩めます。次は前頭部、後頭部の皮膚を押し上げます。

上記の方法で脱毛部位を直接刺激せず、その部分の緊張を緩めることが出来ます。基本的には脱毛部位への過度の刺激は逆効果となる場合があるので、周りから緊張をとる方法を行います。








《スポンサードリンク》
タグ:抜け毛予防
| 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

頭皮ケア 抜け毛予防シャンプー

《スポンサードリンク》
抜け毛予防のために毎日シャンプーで頭皮ケアをしている人もいると思いますが、間違ったシャンプー方法が抜け毛を促進する要因にもなります。シャンプーし過ぎると髪の毛がよく抜けるような感じを与えますが、逆に日々欠かさずシャンプーする方が髪の毛にはいいのです。



髪の毛にとって決してよくないのが毛穴に入り込んだ汚れを放置しておくことで、育毛を促す薬品なども効果が無くなってしまいます。さらにシャンプー後の洗い流しが不十分で育毛用のシャンプー剤が残ったりするのも髪の毛が抜ける要因となり、頭の地肌が損傷を受けるのできっちりと洗い流さなければなりません。これでは抜け毛予防の逆効果となってしまいます。



抜け毛を予防するシャンプーの仕方は、1回のシャンプーで2回洗うのがよく、一回目は温かい水で簡単にして、二回目はシャンプー剤をしっかりとつけてシャンプーします。指先を使って頭の地肌をもむように優しくせんぱつし、決して爪で削るような洗い方をしないことが髪の毛を守ることになります。



シャンプーの時に頭の地肌をもむように洗うことで血の巡りが良くなり、髪の毛の成長を促進し、抜け毛が少なくなります。頭の地肌をもむ行為は日に5分程度を何回かするのがよく、日々継続させることで血の巡りもよくなり自律神経の活動もよくなるので抜け毛予防につながり髪の毛の抜ける量も少なくなります。



また、シャンプー剤を洗い流す際に温かい水と冷たい水を代わる代わる用いることで、頭の血管に刺激が与えられ新しい髪の毛と古い髪の毛の入れ替わりが促され抜け毛を防ぐ頭の地肌を保ちます。抜け毛予防をする場合は上記の点に注意して毎日のシャンプーを行ないましょう


《スポンサードリンク》
| 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。