自動車保険 ダイレクト保険

《スポンサードリンク》
みなさんは自動車保険を選ぶとき、
保険料の安さだけで保険会社を決めていませんか?
自動車保険を選ぶときの基準は、万一のときの補償やサービスがいかに充実しているかということではないでしょうか? 必要な補償がそろっているのはもちろんのこと、事故の際には迅速で適切な対応を提供してくれるサポート体制や信頼のできる担当者による納得感のある示談交渉サービスなど、精神的に厳しい状況にある契約者のことを第一に考える保険会社、加入していて安心できる保険会社を選ぶようにしましょう。

事故サービス(示談交渉)

かつては、1事故で人身事故(相手にケガがある事故)と物損事故(相手の車などに損害がある事故)と両方あるような場合、それぞれ別に担当者が担当するため、同じような話を何度もしなければならないなど、契約者にとって面倒なことがあった。
最近では、各保険会社で処理が滞らない体制や契約者の利便性を高めるための施策を盛込んできており、従来に比べると事故処理体制は良くなっていると見ることができます。

ロードサービス

従来の自動車保険と決定的に違うのが、このロードサービス。自動車保険といえば事故。というのか従来の自動車保険に関するイメージですが、最近の自動車保険は、事故だけでなく故障などさまざまなトラブルに対応しています。このロードサービスは、ダイレクト各社が独自のサービスを投入して差別化をはかり、自動車保険のセールスポイントのひとつとして力をいれています。
ちなみに、これらのロードサービスは、保険会社が提携しているロードサービス提供会社が実際のサービスを提供しています。ですので、保険会社は違うけど、サービスする会社は同じ、ということもあるかもしれません。

補償内容をチェック

自動車に関する保険には、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険・強制保険)と自動車保険(任意保険)の2種類あります。前者は法律で加入が義務づけられ、後者はドライバーの任意により加入することができます。
自動車保険(任意保険)
ダイレクト自動車保険は、この自動車保険(任意保険)になります。 この任意の自動車保険は、上記の自賠責保険とことなり多くの補償項目があり、大きく「相手への賠償」「自分のケガへの補償」「自分の車の補償」の3つに分類することができます。

以上の内容をしっかりチェックし安心できる自動車保険を選びましょう





《スポンサードリンク》

 

事故対応と自動車保険

《スポンサードリンク》
交通事故が起きた時にパニックにならない為にも、
車を運転する人ならば交通事故の対応や法律知識について
勉強しておく必要があります。

保険会社に任せればいいという姿勢ではなく、
自分自身も事故の対応を勉強していきましょう。

それは言い換えれば交通事故にあった時に
正当な賠償金・保険金を受け取るという事につながります。
保険を掛けていたのに使えると思わなかったとか、
請求し忘れたと言うのを防いで快適なカーライフをおくりましょう!

自動車保険には強制加入である「自賠責保険」と、任意加入である「自動車保険」があります。後者の「自動車保険」は、任意ではあっても、70%もの人が加入しているという。保険料は安く済むに越したことはないのに、これだけの人が加入しているのはなぜでしょうか。

車の保険の見積りを取り扱っているのは、以前は損害保険会社だけであったが、自由化以降、損保会社のほかに、生命保険会社、さらに外資系も進出し、JA等の協同組合も取り扱うようになった。どこを選ぶかで参考になるものとして、S&P等の格付がある。会社の安定性などを客観的に判断したものです。

自動車保険の内容には、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険がある。自賠責保険は対人保険であり、範囲も限られているが、自動車保険は、自動車に起こりうるさまざまなケースが想定されているといえるでしょう。

このように、自動車保険は組み合わせることで、かなり賠償範囲は充実してくるが、当然、保険料はその分高くなる。自分が運転する場所で起こりやすい事故を考慮する等、そんぽ会社の内容を厳選する一方で、安くできる仕組みを知っておく必要があるだろう。宣伝やお勧め商品に踊らされないようにしたいものです。

自動車保険の等級割引率は、新規加入後すぐに事故を起こす時は割引時よりも高い保険料金になります。けれども、長い間無事故で10年以上年月が経ってから事故を起こしてしまうと、今までの保険料が少し高くなるだけですむことになります。加入後しばらくは事故を起こさないことが保険料を安くする鍵です。
事故を起こしても自動車保険料が据え置かれるプロテクト特約もあります。プロテクト特約を付加していれば、事故が起きても割引等級は下がりませんが、一年に一度しか使えません。しかしすべての事故に対して該当するわけではなく、保険会社が定めた条件に該当する事故でないといけません。
自動車保険に加入している人でも、事故を起こしたとき保険を使うか使わないかの選択をする場合があります。これは、事故を起こすことで次年度からの保険料の割引等級が下がるか、場合によっては割り増しになってしまうので、等級によっては保険を使わない方が結果として安く済むことになるからです。
自動車保険を考える場合には、自分の年齢が若い場合にはプロテクト特約を付け、年齢制限割引と等級割引がセットになった自動車保険を探すことが上手な加入の方法となります。また、年齢が上がるにつれ、無事故であれば自動車保険料は安くなるので、よりグレードの高い保険に入る方法もあります。





《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。