食事と便秘予防

《スポンサードリンク》
便秘予防の食事をススメル記事がたくさんある中、良く聞くのが『食物繊維』です。
この『食物繊維』は腸の中の宿便などを取り除く作用や、
腸に刺激を与え腸の動きを良くするとも言われます。

しかし日本人が一日に必要とする『食物繊維』をとっていないのが現状です。
では何故この食物繊維が必要なのでしょうか?

ダイエットをしているとよく便秘がちになると言われています。
それは急激に食事の量が減り、運動不足やダイエットによるストレスなど
様々な要因があります。便秘になると様々な症状が出てきます。
肌のかさつきや吹き出物も便秘からくるものもあるようです。
肌が荒れてきたり、貧血でめまいがしたり、便秘でガスがたまったりとダイエットをしてキレイに痩せようとしても不健康になっては台無しです。

ダイエット中にこそ『食物繊維』を意識して摂取してほしいと思います。

食物繊維が多く含まれている野菜はごぼう、にんじん、大根、さつまいもなどです。

主食を肉などから食物繊維の多い野菜に変えることでカロリーカロリーも抑えられるので、
是非摂取してはいかがでしょうか。
主食を玄米に、おかずを食物繊維の多い野菜にをった食事に変える事でダイエットができるでしょう。




《スポンサードリンク》

 

青汁ダイエット 苦いの苦手!

《スポンサードリンク》
青汁か〜良薬口に苦しというけれど
でも、苦いの苦手、確かに体には良さそうだしダイエットにも
なりそうだけどとりあえず、何かと混ぜて飲むと飲めるかも
ちょっと調べてみました。


青汁には、食物繊維・ビタミン・ミネラルなど普段の食事で不足しがちな栄養素がバランスよくたっぷり含まれています
この青汁を毎日飲むことで、不足しがちな栄養素を補うことができる。

ふむふむ、

野菜不足の人向き

ダイエット方法についても調べてみました。


手順
青汁を一日一回〜二回飲む。
ほか、粉末を牛乳に混ぜるなど、ひと工夫で飲みやすくなります。
野菜ジュースで済ませて飲むのがオススメ。
あと、りんごジュースやオレンジジュースとまぜることによって、
フルーツの甘みが加わり、大変飲みやすくなる。

それと甘みをたくさんつけたい人は、はちみつが有効です。
はちみつの甘さは、体内でエネルギーとしてすぐに使われるため、
適量ならばダイエット中でも問題ない。

また、はちみつにもビタミン、ミネラル、鉄分などを多く含んでいる
ので青汁との相乗効果が狙える飲み方のひとつ。

それでも味が苦手な人はサプリメントを選んで。
朝・夜と青汁を飲むのがいいですね
食物繊維もたっぷり入っていて、便秘がちの人には効果抜群。

血液をサラサラにする効果があったり、便秘、花粉症、
それにガンにまで効果があると言われている。

健康とダイエットで一石二鳥ですね

《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。