アラキドン酸 記憶力改善 脳の栄養

《スポンサードリンク》
脳の若さを保つために重要な栄養成分として、
アラキドン酸が今、注目されています。

「アラキドン酸は、油を構成している成分のことで、オレイン酸、
リノール酸などと同じ、脂肪酸と言われているものの一種です。

どれもエネルギー源として人の成長と健康維持に必要なのですが、
体内で合成できず食べ物から摂らなければならない脂肪酸を
必須脂肪酸と呼びます。アラキドン酸もそのひとつです」


アラキドン酸は、食べ物では豚や牛のレバー、
鶏卵に豊富に含まれています。
また、母乳にも入っていて、赤ちゃんの精神面での成長、
学習・記憶能力の向上を促すそう。

このことからも、アラキドン酸が重要な栄養素で
あることがわかります。

「脳には1千億個もの神経細胞があります。頭の回転のよさや、
もの覚えのよさは神経細胞の数と、ネットワーク効率のよさによるもの。

この神経細胞の膜を構成しているのがアラキドン酸です。
しかし、アラキドン酸は、加齢によって減少します。
その結果、神経細胞での情報のやりとりが増強されなくなり、
ネットワーク効率が落ちてしまうのです。

年をとるともの覚えが悪くなるのは、このためだと考えられています。
つまり、脳の老化はアラキドン酸の減少が原因のひとつなのです」




《スポンサードリンク》

 

アラキドン酸 DHA 記憶力改善

《スポンサードリンク》
物忘れがひどいとか思い出せないとかちょっとまずいかも・・・
なにか効果あるものないかなと調べてみました
DHAアラキドン酸がいいみたい

まぐろの脂身に多く含まれているDHAですが人間の体では脳細胞に多く存在します。
脳細胞内のDHA量が減ると、機能が低下して情報伝達がスムーズにいかなくなり、乳幼児の脳や神経の発達が悪くなったり、老化による学習能力や視力の低下を招いたりすることがわかって
います。

DHAの効果があると思われるものには以下のものがあります。

免疫力強化
視力回復不眠症
動脈硬化
コレステロール抑制
精神安定
白内障
痴呆症
記憶力向上
生活習慣病


DHAが含まれる食品には以下のものがあります

あじ(鯵)
数の子
さんま(秋刀魚)
にしん(ニシン)
ます(鱒)
あん肝
鮭(さけ・しゃけ)
ししゃも
ハモ(はも)
めざし
いわし(鰯)
鮭の筋子
タイ
ぶり(鰤)
ほたるイカ
うなぎ(鰻)
さば(鯖)
タラコ
マグロ

アラキドン酸は 学習・記憶・認知能力を高める働きがあります。
脳、皮膚、血液などに含まれていて年をとるとともに減少します。
DHAと併せて摂取すると良いとされています。

アラキドン酸が含まれている食品は以下のものがあります。

牛肉、鶏肉、レバー、魚など

最近物忘れが激しくなってきたなとか思っている人はアラキドン酸DHA
不足しているんです。
魚をたくさん食べましょう。

アラキドン酸 記憶力改善 DHA


     


《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。