納豆について

《スポンサードリンク》
納豆ダイエットねつ造事件が以前テレビで問題になってましたが
じゃ実際、どんか効果があるのか調べてみました。

納豆の有効成分
タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、亜鉛、食物繊維、納豆菌などです。
特に納豆菌に注目を!


納豆菌の効用
整腸作用納豆菌は胃酸に負けずに腸まで届き、腸内の善玉菌を活発化。
一方で悪玉菌の増殖を抑え、発ガン物質や有害物質を減少させます。
これによって便秘が改善され、有害物質を分解する肝臓の負担を軽くして、体の機能を健康に保つ役割を果たします。


腸の免疫力強化
有害な細菌やウイルスを抑えて、病原菌から生体を守る働きがあります。
また、ガン細胞を攻撃する免疫細胞を活性化させるインターフェロンを
誘発することから、ガン抑制の効果があると考えられています。

血栓を溶かす
納豆菌に含まれるナットウキナーゼという酵素は、
血栓を溶かす作用があることから、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐ役割があります。
血圧を下げる作用もあります。

活性酸素を排除
生活習慣病を全般に予防。

以上のような事らしいです。

でもあのネバネバが嫌いとか、ヌルヌルが嫌だとか、においが嫌だとかで敬遠する人もたくさんいますね。

「大根おろし」に混ぜて食べるとあっさり食べやすいです。
これは納豆の苦手な人にお勧めです。
最初は大根おろしを多めにして少しずつ納豆を増やして行くのが良いと思います。




《スポンサードリンク》
タグ:納豆
| 納豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。