肝臓を大切にしましょう

《スポンサードリンク》
肝臓で行われる解毒作用とは、私たちの身体にとって毒性のある物質を
別の物質に変えて毒性を減らす作用です。たとえばアンモニアは
グルタミン酸からグルタミンを生成するのに必要な物質ですが、
アンモニアが大量に私たちの身体の中に蓄積すると大変危険です。
肝臓は生体の化学工場ともいわれ、血液で運ばれてきた物質に対する
多彩な反応が行われています。
その数はおよそ500種類以上。その中でオルニチンは、アンモニア解毒、
タンパク質合成などのはたらきで肝臓を助けていると考えられています。
肝臓はアンモニアを尿素に変換して排出することで解毒します。
オルニチンはこの解毒作用のときに大きな役割を果たしています。
詳しく言うと、オルニチンは「尿素回路」というアンモニアを解毒する
システムの構成要員なのです。オルニチンは、私たちの身体に有害な
アンモニアを肝臓で取り込み、尿素に変えるはたらきをしています。
オルニチンは別のアミノ酸に変わりますが、
再びオルニチンに戻されることがわかっています。



タグ:肝機能
《スポンサードリンク》
| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。