アルコール性肝障害 

《スポンサードリンク》
アルコール性肝障害の危険度は、それまでに飲んだアルコールの総量に比例します。
アルコールによって起こる肝臓の病気を総称して「アルコール性肝障害」と言い、症状の程度によって脂肪肝、肝線維症、肝炎、肝硬変に分けられます。
肝臓が障害を受けるアルコール量の目安として、毎日、日本酒にして三合以上のアルコールを5年以上飲んでいる「常習飲酒家」は脂肪肝、肝線維症を発症するケースが多く、毎日、日本酒にして五合以上のアルコールを10年以上飲んでいる「大酒家」は肝硬変の危険が高いといわれています。
アルコールを習慣的に多量に飲む人は、まずは「アルコール性脂肪肝」になります。アルコールによって肝臓での中性脂肪合成が増加し、脂質代謝が阻害されるために、肝臓に脂肪がたまってしまいます。症状はないことが多いのですが、体がだるくなることもあります。
この状態からさらに飲酒を続けると、肝細胞の周囲に線維が増加してきます。
大量のアルコールを摂取した時や飲酒量が急に増加した時には、「アルコール性肝炎」になります。ウイルス性肝炎と似た強い肝障害を起こし、急速に肝硬変に進行します。アルコール性肝炎は欧米人に多いようです。
アルコール性肝線維症やアルコール性肝炎がさらに進行すると、肝臓が硬く小さくなり、「アルコール性肝硬変」になり、肝臓の機能は著しく低下していきます。そのため、タンパク質合成の働きの低下による「浮腫(むくみ)・腹水」、アンモニアの解毒作用の低下による「肝性脳症」、肝臓の線維化により血流が阻害されて起こる「食道静脈瘤」や「痔」など、さまざまな症状が表れます。そして、食道静脈瘤破裂や肝性脳症により死に至る危険もあります。わが国のアルコール性肝硬変は、長期間にわたる大量の飲酒によって、脂肪肝、肝線維症を経て進展することが多いようです。



《スポンサードリンク》
| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。