ニキビ予防 赤ニキビ予防

《スポンサードリンク》
赤にきびは毛穴に詰まった皮脂に、アクネ菌などの細菌が増殖してしまうことが原因で、皮膚が赤く腫れあがってしまう状態を指し、ひどい場合は治療を受ける必要があるぐらい、炎症や痛みを伴う悪化症状も、しばしばみられます。

赤にきびは、普段の食生活やスキンケアの問題が悪化の原因になりますので、健やかに生活を送ることが重要な対策になります。

私達が一般的に言う「にきび」は、大体がこの赤にきびのことを指していて、にきびの状態では中期段階の状態と言えるでしょう。

赤にきびの対策は、まずは発生することがないように普段から洗顔や化粧水などのスキンケアで予防・対策をすることが重要なのですが、出来てしまった場合は、出来るだけ触らないようにすることが賢明で、汚れた手で潰してしまったりすると、にきび跡(痕)になる可能性もありますので、くれぐれも注意するようにして下さい。

赤にきびが悪化してしまうと、黄にきびと言われている膿を伴った状態の、最終段階に進行してしまいますので、赤にきびは自己ケアや治療ではなく、信頼のおける皮膚科や医療機関で治療してもらうようにして、それ以上の進行はさせないようにして下さい。


《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。