ニキビ予防 洗顔

《スポンサードリンク》
にきび予防に大切なことは肌をきれいに保つこと
そのためには毎日の洗顔が一番の予防につながります。

正しい洗顔の方法は、毎日のスキンケアの基本になります。
ぜひともここで、にきび対策の為にも、美肌を作るためにも、正しい洗顔の方法を覚えておいて下さい。

まず顔を洗う前に汚れた手ではいけませんので、しっかりと手を石鹸やハンドソープなどでキレイにして下さい。
その後、髪に洗顔料がつかないようにタオルなどで顔を出してから、何もつけずにぬるまや水で顔をすすぐ。

正しい洗顔方法は基本的にダブル洗顔です。
女性の方はクレンジングでしっかりとお化粧を落としてから、洗顔フォームや石鹸などを手に取り泡立てる。この時できるだけ細かい泡を作りたいので、薬局などで安価で購入できる泡立てネットを使うことを正しい方法としてお勧めします。

細かくて柔らかい泡を作ったら、顔の内側から外側に向かって円を描きながら、マッサージをするように優しく洗うのが正しい方法です。洗顔はゴシゴシと力を入れると毛穴を傷つけたり返って逆効果になりますので、マッサージするようにです。

小鼻やこめかみなど洗いにくい部分もしっかりと、また顎(あご)や首の部分まで、しっかりと洗ってあげるようにするのも良いですよ。

その後はたっぷりのお湯(ぬるま湯)で、手でこすると肌が「キュッ、キュッ」と音が出るまでしつこいぐらいに流して、絶対に顔に洗顔料を残さないように注意しましょう。
洗顔料が残ったらそのままにきびの原因になりますので。

最後に水で2・3回洗い流してから、清潔なタオルで顔を押し付けるように吹いてください。(ゴシゴシ吹くのは止めましょう)
この洗顔の方法で、朝と晩2回行ないます。

正しい洗顔方法はにきびの予防には絶対ですので、疲れたからとお化粧をつけたまま寝るなどは絶対に止めてくださいね。


《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。