ニキビ予防 食生活

《スポンサードリンク》
食べ物は栄養バランスに気をつけましょう。
新しい肌の再生のためにはタンパク質やビタミンが不可欠。 新陳代謝を活発にするミネラル群の摂取も必要です。
刺激の強いもの取り過ぎは禁物です。
動物性脂肪の多い食品は皮脂の分泌量を増やしますから、 野菜、魚、大豆製品、ビタミンB群を多く含む食事を心がけましょう。 また、便秘の傾向がある方は、寒天、海草、果物など、 食物繊維の多い食品を努めて摂取しましょう。
揚げ物、チョコレート、ナッツなど脂っこいものや甘いものに目がないという方、 アルコールの大好きな方などは、活性酸素や皮脂の分泌量を増やします。
活性酸素で傷ついた細胞はターンオーバーがうまくいかなくなって毛穴のつまりを引き起こします。

もう一つ、洗顔や生活習慣の改善だけではなかなか治らないニキビがあります。
これは「ホルモンのバランスが崩れたり、男性ホルモンの分泌が多い人」にできるニキビです。
生理前や生理中にニキビがひどくなるという人は、ホルモンバランスの変化により男性ホルモンが優位になっている場合が多いのです。
もともとの体質である場合もありますし、そうなると長年の体質改善が必要な場合もあります。
ホルモンバランスの調整というのは 、
一朝一夕にはいきません。

女性にも男性ホルモンがありますが、
この男性ホルモンは皮脂腺を刺激して皮脂をたくさん分泌させる作用があります。
ストレスは男性ホルモンの生成を助長しますから、ストレスを溜めないように、気分転換をする、薬を使うのに抵抗があれば、ホルモンバランスを調整する作用のある漢方薬やサプリメントを使うのもよいですね。


《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。