ニキビ予防 頬のニキビ

《スポンサードリンク》
頬のにきび(ニキビ)は、にきび(ニキビ)の炎症が比較的大きくなりやすい箇所です。

頬のにきび(ニキビ)は、男性ホルモンの分泌が増えることが原因とされていて、ホルモンバランスの崩れなどから頬にできやすいようです。

思春期の男性などに多いとされていますが、もちろん女性にもできる場合があります。

形も大きいものが頬のにきび(ニキビ)としては、特徴のようです。

触ると、にきび(ニキビ)は悪化してしまいますので、触らないように心がけましょう。

 頬のにきび(ニキビ)は、胃腸の調子が関係していたり、糖質や脂質などのとりすぎなどで、できやすくなります。

ストレスなどの原因も考えられるので、食生活のバランス、睡眠不足などが影響しているといえます。

規則正しい生活を送ることで、予防、改善がされるといわれています。

睡眠不足は、肌への影響もよくありません。毛穴が詰まって皮脂の分泌が活発になっているところに、睡眠不足などの、ストレスがかさなると、にきび(ニキビ)が悪化するのを進めてしまうことにつながってしまいます。

・頬のにきびの治療法 
 頬のにきび(ニキビ)は、食生活の改善や、充分な睡眠で改善される場合があります。

食生活は、肌にとって、切っても切り離せない関係があるので、バランスのとれた食事をきちんととることで、肌の新陳代謝を整えることができ、にきび(ニキビ)を防ぐことができます。

思春期などのホルモンバランスのくずれの場合は、洗顔などをちゃんとすることで、毛穴を詰まらせることを防ぐことができますので、清潔に肌を保つことが重要になってきます。

洗顔はもちろんのこと、入浴時のシャンプーなどが残っている場合が、頬の場合あります。

シャンプーやリンスを洗い流した後に洗顔するなどして、洗い残しがないようにしましょう。



タグ:頬のニキビ
《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。