メタボリック対策 食後高血糖の改善

《スポンサードリンク》
メタボリック予防、メタボリック対策のためには余分なカロリーを
取らない事です。カロリーの取りすぎは血糖値の上昇につながります。

食後高血糖とは、食後の高血糖値が通常より長く続くことを指します。

検査では、食事から2時間後の血糖値を測定し、その値が200mg/dh越えると食後高血糖と診断されます。

食後高血糖は、心筋梗塞になりやすい因子とされています。また、糖尿病にもつながります。

食後に血糖値が上がると、それをインスリンが下げるのですが、インスリンの分泌能力が低いと食後の血糖値は高いままになるのです。

すると、だんだんインスリンが出にくくなって、最後には出なくなります。そして2型糖尿病を発病するのです。

食後高血糖を改善するには食事と運動が重要です。また、食後高血糖に効く薬や特定保健用食品も有効です。特に食後高血糖には、「難消化性デキストリン」を含む特定保健用食品が有効であると証明されています。

難消化性デキストリンは水溶性の食物繊維で、食事で摂った炭水化物の吸収を遅らせることができます。それによって、食後の血糖値の急激な上昇をおさえ、インスリンの無駄使いを防ぎます。

また、内臓脂肪を減少させる効果もあり、メタボリックの改善にも大変有効とされています。

難消化性デキシトリンを含む特定保険用食品は、すでに多くの種類が発売されています。

食後高血糖に対する対策をしっかり行い健康な生活を送りましょう
       


《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。