メタボリック対策 検診

《スポンサードリンク》
平成20年4月から特定健診としてメタボリック症候群とその予備軍を抽出するための、メタボリック健診が始まりました。メタボリックや予備軍の人は、特にこれと言って体調が悪いわけでもなく危機感はあまり感じられませんよね。でも放っておくと生活習慣病にかかり大変なことになります。早めの予防が大切です。
そのためにも検診を受けることが必要なのです。

メタボリック健診の費用は0円のところから2000円程度の費用がかかるところもあり、
その健診費用の開きが新たな問題にもなっています。
メタボリックだと保険料が高くなる、などという話は出てきても、一体どういう仕組みでメタボリック検診が行なわれるのか詳しく知らされないまま始まってしまった観があります。

病気にならないために、メタボリック健診を義務化してリスクを減らそうというのです。
毎年行なっていた会社の健康診断に新しくおへそ周りの測定が増えると聞いて、ちょっと憂鬱になっている人もいるのではないでしょうか。

会社で健康診断を行なってくれるところはともかく、専業主婦の人などの多くは普段、自分のからだのことはあまり構えないままでいるのではないでしょうか。メタボだからと言って今すぐ病気になるわけではないので、何も検診を義務にしなくてもよいのでは、と感じる人もいると思います。

高齢化社会による医療費増を防ぐためにも、メタボリック検診を義務化し病気を未然に防ぎ医療費を抑えて保険料をアップさせなくても済むようにということではないでしょうか。


《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。