メタボリック対策 年齢

《スポンサードリンク》
メタボリックになりやすい年齢ってあるのでしょうか
40歳から74歳の人のうち、男性では2人に1人が、女性では5人に1人がメタボリックあるいはメタボリック予備軍であるという調査結果から、この年齢層が対象となっているのかもしれません。

メタボ健診は、40歳から74歳までのすべての人を対象にしています。実際にはもっと若い年齢からメタボリックの危険性を持った人も増えてきています。

検診結果によってはめぐりめぐって保険料のアップにつながる、という話を聞き、一体どんな検診を行なうのかと構えてその日を待っている人もいるかもしれません。

年に一度の健診を受け、体調管理をしっかり行なってください。メタボリック健診は、生活習慣病の予備軍を早めに発見し、指導することで発病を未然に防ぐことが目的であったと思います。

1年のうちのたった半日ですから、健診のメリットを考え、価値ある時間として費やしてほしいと思います。

もうメタボリック健診を受けられた人はどれくらいいるのでしょうか。
平成20年度より義務化されたメタボリック健診。近年ではメタボリックは中年層だけでなく、20代、30代、それどころか10代の若者にまで増えてきている状況です。

企業によっては国が指定する対象年齢の幅を超えて健診を受けさせてくれるところもあるようです。毎年行なっている勤務先での健康診断に腹囲測定などを加えたかたちで行なわれることが多いため、お腹まわりを測られて初めて「メタボリック検診だ」と気付いた人もいるかと思います。

小学生の間にもメタボリックが蔓延してしまう前に、しっかりとした予防対策が必要なのかもしれません。40歳以上といわず、メタボリック検診はもっと若い人も対象にする必要があるのかもしれませんね。

若い人のメタボリックが増えてきているのですが、20代、30代ならまだしも、10代からメタボリックの仲間入りをしてしまっている子どももいるのです。時間がなくて、という人もいますが、健診は普通、半日もあれば終わります。

会社で働くお父さんはもちろんのこと、家庭を守るお母さんの健康も大事にしなくてはいけません。国も、小中学生のメタボリックの基準を設けました。



《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。