自動車保険広告について

《スポンサードリンク》
自動車保険のコマーシャルがテレビやラジオでやたら流れています。
映像技術の発達に伴い、視覚に訴える様々な宣伝効果も人の心をひきつけ同じフレーズをメロディーに載せて流すなど多くの効果を得ていますが自動車保険の分野も同様で宣伝もインパクトの強いものもあります。

事実、会社を象徴する人形などの方が評判になり、保険の中身よりもそちらの方が目的で来る人いるという現象も起きました。繰り返し見たり聞いたりするといつの間にか記憶されてしまうのです。

大事なことは宣伝している人物や人形ではなく、保険そのものの中身なのです。

とりわけテレビの画面上にはあまり長く映されないような項目が自動車保険にかなり核心的なものであることが多くあります。

事実、かわいい人形や、人気のある若い芸能人には引かれるところはありますが、自動車保険そのものが十分理解されていなければ、全く意味がありません。

更に深刻なのは、テレビの画面で見て受けた印象をそのままの自動車保険の内容を合わせてみてしまうことです。

若い芸能人や会社を象徴する人形が直接販売しているのではないので、間違った認識や特別な感情で見ていくことはトラブル発生の要因となります。

従って、自動車保険の宣伝を見る場合はあまり深入りしながら見ないで、軽く聞き流すくらいでいいでしょう。

宣伝の効果は大きなものがありますが、映像を見ただけで全てが成立したような錯覚を持たないように気をつけることが個人も会社も健全な関係を維持することができます。
タグ:自動車保険
《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。