メタボリック対策 肥満のレベル

《スポンサードリンク》
メタボリックはどのレベルから肥満と判断されるのでしょうか。

メタボリックシンドルームは、代謝異常からくる肥満と、高血圧・高血糖・高脂血症の中で2つ以上が重なった状態をいうのです。

メタボリックは肥満であることが一番に上げられますが、この肥満を決定するのに腹囲のサイズが1つの目安になっていて、それだけで判断するには無理があります。


しかし、メタボリックの腹囲は、身体に悪いとされる内臓脂肪の面積100平方センチと同じ腹囲に換算すると、男性は85cm女性90cmになります。


メタボリックシンドロームと診断される基準は、国によって定められていますが、この数値は国が定めたメタボリックと診断される基準と同じ数値になるので、腹囲の数値だけでもメタボリックの肥満診断が出来ることになります。


その他、メタボリックと診断されるのには、BMIが25以上あることや高血糖の数値については空腹時の血糖値が110mg/dl以上あることです。


高脂血症については中性脂肪値が150mg/dl以上か善玉コレステロール値が40mg/dl未満で、高血圧では上が130、下が85以上とされていますが、肥満に加えてこれらの基準の中で1つでも認められるとメタボリックシンドロームと認定されます

これらを意識しながら毎日の生活を送りましょう。


      


《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。